カルバマゼピンの効果と便秘などの副作用について

カルバマゼピンの成分を含む薬は、一般的にはてんかん発作を予防するために服用することが多いです。そのほかにも、躁うつ病や神経痛などの症状にも利用されることがあります。ただし、カルバマゼピンを服用していれば、それでてんかんが治るというものではなく、あくまでも発作を抑えるという対症療法に用いられる成分です。主なカルバマゼピンの作用としては、脳内神経の過剰な興奮を落ち着かせるという作用があり、てんかん発作を抑える効果を得ることができます。てんかんといっても様々な特徴がありますが、中でも側頭葉で起きるてんかん部分発作には効果が高いと考えられています。また、カルバマゼピンの作用の中には、気分の高まりを落ち着かせるという作用がありますから、躁状態を落ち着かせることができたり、顔面の三叉神経の興奮状態も抑えることができるので、顔面の神経痛にも効果的です。カルバマゼピンの主な副作用としては、眠気やふらつき、めまい、倦怠感、立ちくらみ、便秘など多数の副作用が出ると考えられますが、多くの副作用は時間がある程度経過すれば、徐々に落ち着いていくものと考えられています。しかし、中には重大な副作用が出る可能性も全くないわけではありません。重大な副作用としては、発熱、皮膚症状、関節の痛み、肝臓の症状、急性腎不全などの副作用が挙げられます。どの副作用が重いのかどうかは、自己判断をせずに、少しでも異常が見られた場合はすぐに医師に相談するということが大事になってきます。カルバマゼピンの服用に注意が必要なケースとしては、持病があったり、アレルギーがあったり、妊娠中の場合は、薬の服用に注意が必要である場合があるので、医師に伝えるようにします。

ページの先頭へ戻る