• カルバマゼピンで得られる効果

    2016年5月26日

    カルバマゼピンは、日本では1966年からてんかんの予防薬・三叉神経痛の治療薬として、1990年からは躁病・躁鬱病(双極性障害)の躁状態の治療薬として使用されている歴史の長い精神・神経薬です。商品名はテグレトールとして販売されており、ジェネリック医薬品としてはレキシンがあります。 脳神経の興奮をしずめ...

    記事の続きを読む