• 言語障害や幻臭を示すてんかんの治療にカルバマゼピン

    2016年7月8日

    脳疾患の一つに、てんかんがあります。 発症の年齢層は幅広く、乳幼期から高齢期まで及んでいます。 一般的には、3歳以下の発病が最も頻度が高く、約8割18歳以前に発病しています。 昨今は、高齢化現象に伴い、高齢者の脳血管障害などが原因のてんかん発病が目立って増えてきています。 てんかん患者が見舞われる症...

    記事の続きを読む