• てんかんと才能の関連、カルバマゼピンやグルタミン酸

    2016年11月1日

    てんかんは脳における神経系が異常なまでに活発化してしまうことによって生じるけいれん性の疾患です。その発作症状が繰り返し起こるということが特徴であり、けいれんを引き起こして倒れてしまったり、異常行動を起こしたりするものの、その間の記憶も失ってしまうことがほとんどです。脳での神経活動が活発であるというこ...

    記事の続きを読む