• カルバマゼピンは臭いはないが、めまいなどの副作用

    2017年1月16日

    てんかんの治療薬に、カルバマゼピンという成分があります。 鎮静作用があるためてんかんだけでなく、三叉神経痛の緩和や精神障害の治療にも処方されています。 薬そのものは、白色ないしは黄色味を帯びた白の粉末状です。 臭いは特にありませんが、口に含むと後で少し苦みを感じることがあります。 大人の場合...

    記事の続きを読む