• 若年性ミオクロニーやカルバマゼピンと転職

    2017年2月17日

    てんかんは慢性の脳疾患として知られるものであり、神経系の過剰な活動による反復性のけいれんに似た発作を特徴とする疾患です。乳幼児において発症することが多く、小児期までに発症するケースが大部分を占めていますが、大人や高齢者になってから発症するケースもあって誰もがいつ発症するかわからないというリスクを抱え...

    記事の続きを読む